気ままなゲーム日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【連動企画】ゲームハードとゲームソフトと私

<<   作成日時 : 2010/07/14 00:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

http://ameblo.jp/tugumi-game/entry-10586638626.html


Tugumiさん主催の連動企画「ゲームハードとゲームソフトと私」に参加してみる事にしました。ルール等は上記URL先をご覧ください。
今回は、初めて買った(買ってもらった)ゲーム機と、現行ハードに(据え置きのみ)について書いてみます。

◎ゲームハード名:ファミリーコンピューター(ファミコン)

画像

私の世代だと殆どはこれでゲームデビューじゃないかなと。

●そのハードの思い出

言うまでも無く、初めて遊んだゲーム機です。(ゲーム自体はPCで遊んでいました)5歳ぐらいのころ、何故か家においてあって何これ?見たいな感じで眺めていましたw
ただ、父はゲーム嫌いだったので小学生ぐらいのころにファミコンを捨てられた嫌な思い出も( ̄Д ̄;;

●そのハードで初購入ソフトまたはハードを買うきっかけとなったソフト
画像

ファミコン世代の人はほとんどがこれではないでしょうか。

●そのソフトの思い出

分けもわからずクリボーに体当たりして死んだのは良い思い出。
ハンマーブロスの凶悪さには泣きました。
難易度はかなり高かったと思いますがそれでも投げ出さなかったのはやはり相当面白かったんだなと。
いま、プレイ動画をみても面白そうと思いますもん。

●そのハードで一番思い入れのあるゲーム
画像

マリオシリーズやドラクエといいたいところですが意外なタイトルを出してみますw
横スクロールアクションです。確か、兄が母に頼んで買ってもらったソフトだったかな?
火の鳥 鳳凰編は1986年にアニメ映画化されたそうです。

●そのソフトの思い出

EDを見るにはすべてのステージを回る必要があるのですが、隠しステージみたいなものもありなかなかEDが見れませんでした。(単純に道のりを進むとループする)
兄が友人などから聞いて新しいステージへ行けた時は大喜び。BOSS戦も兄と相談(というかほとんど兄頼みw)で倒していきました。
EDを見れたときは本当に感動しました。

◎ ゲームハード名;プレイステーション3

画像

ブログを見ても分かるとおり、現行ハード(携帯機含む)では圧倒的に稼働率が高いゲーム機です。

●そのハードの思い出

購入する際、TVがブラウン管しかなかったのでそれをどうするかで悩みましたw
考えた末、PCモニターで遊ぶという方法に落ち着きました。
相互していただいてるブロガーさんの多くはPS3繋がりです。

ちなみに購入したのは09年の4月末で、PS3発売からしばらくしてでした。

●そのハードで初購入ソフトまたはハードを買うきっかけとなったソフト
画像

何を買うか悩みましたが、ネットでオススメのPS3タイトルを検索した結果アンチャーテッドにしました。
一番の理由はグラフィックの凄さ。PS3を買ったならまずはグラフィックを堪能しないという事で

● そのソフトの思い出

正直、洋ゲーなので自分に合うか不安でした。でも、実際は親切設計で非常に遊びやすく久々に熱中して長時間プレイ。勿論グラフィックの凄さにも驚き。崖を上るところなんか迫力がありすぎて怖さすら感じました。

今までは、洋ゲーは遊びにくく国産ゲームの劣化版としか見ておらずファミ通などで洋ゲーが凄いと書かれていても全く信用していませんでしたが、このゲームをきっかけに洋ゲーに対するイメージが大幅に変わりました。
今では、所持しているPS3ソフトの多くは洋ゲーというほどの洋ゲー好きになりましたw

●そのハードで一番思い入れのあるゲーム
画像


デモンズソウル、アンチャー2、GOW3.この3つはオススメPS3ソフトの鉄板だと思います。
ただ、プレイ時間が一番長かったのはやはりデモンズかな〜。少々粗が目立ちますが、中毒性が半端じゃなく気がつけば何週も周回している始末。難しいけど、その難しさが楽しいと感じてしまう。アクションが苦手な人でも対策を練ればクリアできたりとホントに絶妙な難易度だと思う。

あと、このゲームはコアユーザー向けと言うイメージがあるが、ツイッターであまりゲームをやらない人がハマっているのを見かけたりするので意外とライト層にも向いているのでは?

●そのソフトの思い出

未知のステージを探索するドキドキ感、強敵にやられたときの絶望感、大苦戦したBOSSを倒したときの喜び、初めて黒ファンに遭遇したときの恐怖感、協力プレイしたときの安心感などたくさんあります。
思い出がたくさんできるのもデモンズの魅力の一つでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ご参加ありがとうございます。

火の鳥は面白いゲームでしたよね〜
テンポも良いですし♪
この頃のコナミは硬派なイメージがありましたw
Tugumi
2010/07/14 08:52
 私の始めてのゲームは…
アタリさんの「PON」だかなんだかって言う、
棒が点を打つゲームの海賊版です。
ご存知かどうかアレですが…。
そう言えば、インベーダーゲームが一世を風靡した頃
家に喫茶店と同じあのテーブルがなぜかあるのだよ、
というくらいのゲーム一家に育ったんですよねぇ……。
だから今の私があるんだな…と少し思い出しました。
みみこ
2010/07/15 08:52
>Tugumiさん
こちらこそ素晴らしい企画ありがとうございます。
火の鳥をご存知でしたか。
非常に硬派なゲームでしたねw

>みみこさん
あ〜、それは私も知らないですね。
喫茶店と同じテーブルがあるとは本当にゲーム一家で羨ましいw
ウチは父がゲーム嫌いでしたから(^_^;)
格闘凡人
2010/07/16 12:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【連動企画】ゲームハードとゲームソフトと私 気ままなゲーム日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる