気ままなゲーム日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【真・三国無双6】マンネリは打破できたのか?【レビュー】

<<   作成日時 : 2011/03/29 03:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


晋シナリオもクリアしました。ほとんどの有名武将が没してしまった時代をどう盛り上げるのか注目でしたが上手くできていたと思います。晋シナリオのキーワードは「凡愚」でしょうかw
ただ、EDでの司馬昭の台詞は三国時代の武将が好きな人には不快かもしれません・・(^_^;)

これで、4勢力全てクリア&クロニクルモードも三国無双をクリアしたところまで進めたので感想を書きたいと思います。

画像


本作の一つのテーマにマンネリ打破というものがあったとおもいます。イベントシーンとの切り替えをシームレスにして没入感を強くしたり、武器の切り替えでいままでにはない闘い方が出来て、武器がある程度自由に装備できるようになり使い難い武器を無理して使う必要はなくなる。

ただ、大まかな部分は従来通りの無双だったと思います。新しい無双と言うより従来の無双のクオリティを上げてより遊びやすくしたような感じなのでマンネリ化を打破出来たとは言い難いです。
ですが、無双が合わない人や飽きてしまった人のために無理してシステムを変えると従来ファンから不評が出そうですし、無双の魅力の一つとして手軽に爽快感を味わえるというものがあるのでマンネリというのは無双にとって褒め言葉の一つなのかもしれません。

敵のワラワラ感やシームレスによるテンポのよい展開など、従来ファンには非常に受けが良さそうな感じに仕上がっています。
ただ、任務を達成する事で大逆転するようなイベントもなかったのでその辺は不評が出そう。ただ、本作は出来るだけ史実(演義)に沿っての展開にしているためそういったイベントを導入させるのは難しかったのかも。また、馬を強化できず移動速度の印を二つ装備でもしないとどうしてもMAP移動が面倒に感じてしまう展開が結構ありました(^_^;)

画像


本作は、投石機などの兵器も多数出現していてそれを操作して進める場面もあります。ただ、これは本当にオマケ程度で正直必要だったのかも疑問に感じたり(^_^;)
でも兵器がなかったら月英の存在感が薄れるかw

画像


ストーリーは前述したとおり、史実(演義)に近い感じで三国志を知らない人でも楽しめる内容になっています。またどの勢力も良い感じに終わらせられたんじゃないかなと。
ただ、正直「何故この武将をプレイアブルキャラクターに!?」と思う武将がチラホラ。
郭嘉や徐庶あたりをプレイアブルキャラクターにしても良かったような・・。

あと、オリジナル武将を作れないのはキャラクリのゲームが好きな私には痛かったです。恐らく、猛将伝かエンパイアーズあたりに実装するのでしょうが、出来れば有料でも良いのでDLCあたりで出して欲しいところ。

やり始めは「凄い面白い!神ゲーだ!」と思っても遊ぶにつれて粗などが見えてくるのは良くも悪くも無双らしいといった感じでしょうか。
史実(演義)に近い分かりやすいストーリーや全体的に低めの難易度など、従来ファンだけでなくライト層も意識した感じで今までのシリーズの中でトップクラスの面白さなのは間違いないと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
上半期のゲームを振り返ってみます。
7月となり今年の上半期も終わり。大きな事では大震災、個人的なことでは兄の子供(姪)が生まれて叔父になったなど色々とありました。ゲームのほうも気づけばそれなりに買っていたな思います。というわけで、ちょっと購入したゲームを振り返ってみます。 ...続きを見る
気ままな人生日記
2011/07/03 01:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【真・三国無双6】マンネリは打破できたのか?【レビュー】 気ままなゲーム日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる