気ままなゲーム日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍が如く OF THE END 体験版の感想

<<   作成日時 : 2011/03/05 22:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


3月3日に「龍が如く OF THE END」の体験版が配信されていたのでDL。容量が1387MBと体験版にしてはかなりの容量。今作はシリーズの舞台として恒例の神室町が崩壊してゾンビが出現と言う大胆な展開で話題を呼んでいる作品。普段は素手が中心の桐生ら主人公も流石にゾンビ相手に素手だと無理があるので、銃撃が中心などマンネリを解消するために今までのシリーズとは一線を画したような感じになりました。

正直、龍シリーズは1と2で満足してしまい3と4はスルーしていたのですが今作は非常に気になっていました。果たしてどんな感じに仕上がっているのか・・・。

画像


良い意味で従来の龍が如くシリーズと同じような感じだったと思います。

敵がゾンビになり、拳での闘いから銃になったりと一見大幅に変わったように見えますが操作方法などは従来の龍が如くシリーズとほとんど一緒。銃撃も敵を正面に捉えていれば撃つだけで当たるようになっていますし、ズームで狙いをつけることも出来ますがスキルでアシストしてくれるため楽にヘッドショットを狙えるようになっています。

PVなどを見てTPSのようになるのかなと思いましたが、実際はTPS視点のアクションゲームのような感じでした。そのためFPSやTPSのようなものを期待していた人には物足りないと思います。

画像


私もTPSのような感じになるのではと期待していたので、正直言って最初は全然面白くないと思っていました。カメラワークがかなり悪いし、ゾンビを撃つ爽快感も感じられずこれなら今までどおり素手でゾンビをぶん殴っていくほうが良かったのではと思いました。

しかし、ストーリーを進めて通常武器が2丁拳銃になり、ショットガンなどの銃火器を使えるようになってからが本番でした。2丁拳銃になってからゾンビの群れもある程度無双できるようになり爽快感は大幅にUP。カメラワークは扱い辛いままでしたが、強力な銃火器が使えるようになったので、カメラワークでてこずってもごり押しで切り抜けられるのでそれほど気にならなくなりました。

画像


体験版のラストではBOSSキャラも登場。最初は攻撃範囲の広さに戸惑いましたが動きは非常に遅いので適当に手榴弾を投げていたら倒せましたw
体験版をやった感じでは、難易度はかなり温めといったところでしょうか。

下手にシューター寄りにならず、龍が如くファンがすんなり遊べるようにとかなり工夫されていた感じがある本作。従来のファンを大切にしようという意志が見られていて良いと思います。

龍が如くファンだけでなく無双シリーファンなどにもオススメ出来るかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
龍が如く OF THE END 体験版の感想 気ままなゲーム日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる