気ままなゲーム日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【真・三国無双6】赤壁の戦いのプレイ日記

<<   作成日時 : 2011/03/17 20:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


魏・呉・蜀の3勢力とも赤壁の戦いまでシナリオを進められたので、蜀→呉→魏の順番に進めてみました。3勢力が参戦している非常に大きな戦いなので3勢力とも並行して進めたほうが色々と楽しめるかなと思いまして。

画像
画像


蜀はまず、趙雲を操作。赤壁の戦いに参加するのかなと思ったら秘密裏に曹操の船団に接近するというかなり地味な感じの役割でしたw
でも、史実では趙雲は地味というか縁の下の力持ちとして働いたという話もあるみたいだし史実に忠実なのかも。
兵器で曹操軍の船団を撃つなど、若干シューティングみたいな要素もあったけどミニゲームレベルですし、無双武将が兵器を操縦というのはどうも違和感がw

画像


後半では、関羽を操作して逃げる曹操の追跡に。曹操に恩義のある関羽は当然悩みながら進むというシチュエーション。このステージで関平も初登場。
う〜ん。正直いって蜀の赤壁はあまり盛り上がってないな(^_^;)

画像


呉はまず周瑜で火計までの防衛戦。諸葛亮のいる祈祷所も守らないければいけないのだが、誰も防衛していなくてちょっと焦りました。蜀のシナリオだと張飛が護衛を任されていたと思うんだけど・・( ̄Д ̄;;
てか、蜀の武将が諸葛亮だけというのは何かね〜。

画像


火計成功後である後半は黄蓋を操作。黄蓋の無双乱舞はパイルドライバーという豪快な技でしたw
黄蓋にピッタリの熱いステージで、許褚との対決でのお互いの信念のぶつけあいみたいなものはなかなか良かったです。やはり赤壁の戦いの主役は呉だな。
最初は、一人で闘う事になりますが火計により敵の体力は大幅に削られているので簡単に蹴散らしていけました。

画像


魏はまず許褚を操作。火計がすぐに始まってしまい、味方武将がどんどん敗退していく中で曹操を特定の地点まで護衛するシナリオです。今までのシリーズでは目立っていなかった許褚も本作では大活躍ですな。

画像


後半は曹操となり、脱出地点を目指すことに。曹操の台詞が色々とフラグを立ててくれますw
夏侯惇などの武将が曹操を助けてくれて、魏の武将の魅力が伝わってきますな。
呉とはまた違った感じでなかなか楽しいシナリオでした。

勢力毎のストーリーにして、さらに勢力毎に大きく違った展開になるので今までの無双シリーズの「赤壁の戦い」の中でも非常に盛り上がった感じになったと思います。
さて、いよいよ三国県立時代に突入します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【真・三国無双6】赤壁の戦いのプレイ日記 気ままなゲーム日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる