気ままなゲーム日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Hunted: The Demon’s Forge】ブロガー先行体験会レポート

<<   作成日時 : 2011/06/04 01:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

画像

http://www.bethsoft.com/jpn/hunted/(公式サイト)
日本では6月23日(と思ったら日本では発売延期で未定に・・)に発売されるBethesda softworksのアクションゲーム「Hunted: The Demon’s Forge」のブロガー先行体験会へ先日行ってきました。このような体験会は今回が初めてだったのでかなり緊張。来ている方は有名ブロガーさんばかりで殆どの方が名刺を持っていて私には場違いなんかじゃないかとも思えましたw

今回用意されていたのは全て360版でしたので360で遊ぶ事に。実は360はコントローラーを触る事すら初めてという「お前本当にゲームブロガーか?」と突っ込まれても文句言えない有様です\(^o^)/

画像

Huntedは剣などの近接攻撃が得意なキャドック弓などの遠距離攻撃が得意なエラーラを操作しながら、様々な謎解きや戦闘をこなしていくゲーム。操作していないほうのキャラはAIで操作されて謎解きに必要な行動の指示などが可能。
例えば、遠くに火矢を撃つ必要がある場合はエラーラにどこに撃つように指示したり、重いものを動かす時はキャドックにどのオブジェクトを動かすよう指示したり出来ます。

操作キャラの変更は道中に置いてあるオベリスクという光る石のようなものに触れることで切り替え。

難易度はゲームスタート時に選択可能で、選べる難易度はカジュアル・ゲーマー・ハードコア・オールドスクールの4つ。オールドスクールのみ選択出来ませんでしたが、プレイ後に質問したところハードコアクリアで選べるようになるようです。また、難易度によって落ちているアイテムが変わったりする事はないようです。

画像

戦闘スタイルは弓やボウガン装備などの遠距離型と、剣盾装備の近距離型にいつでも切り替え可能。接近戦が得意なキャドックが敵を食い止めてエラーラが遠距離攻撃で後方支援するなどの戦術がキモとなります。AIはプレイヤーが近距離型だと遠距離型に、遠距離型だと近接型というようにプレイヤーを上手くフォローしてくれます。
またストーリーを進めていくと魔法も習得して使えるように。

今回は難易度ゲーマーで遊びましたが敵の攻撃はかなり激しい感じで、接近戦ではしっかり盾を構えてガードしたり遠距離戦でも物陰に隠れたりしないと敵の矢が飛んできたりと、下手に攻撃一辺倒になるといつの間にか体力が削られてしまいました。ハードコアやオールドスクールだとかなり歯ごたえのある戦闘になるんじゃないかと思います。デモンズソウルに慣れてしまったせいか近距離型で敵をロックオンできないのがちょっと煩わしく感じました。

敵を倒したり、進んでいくと道中に装備が落ちているのでそれを拾って装備が可能。弓などはエラーラのみが装備でき重量のある武器などはキャドックのみが装備可能。

道中にエンチャントと呼ばれている魔法効果が付属されている武器があり、攻撃すると敵が凍結するという強力な武器でしたが使用回数に制限があり0になると魔法効果が消えて普通の武器に。質疑応答で、再びエンチャント出来るのか尋ねたところ使いきりなので出来ないらしく、ボスなどの強敵用にとっておきたい場合はそれまでは遠距離攻撃に徹して進めると良いとのことでした。ただ、それだとボス戦までの道のりは辛くなる場合があるので取っておくかすぐ使うかは悩みどころになりそうです。

装備している武器は持ち越し出来ますが、インベントリなどの保管しておくものは無いようなのでどの武器を持っていくかにも頭を悩ましそう。

画像

グラフィックはUnreal3エンジンを採用しているらしく、色鮮やかで綺麗だなと思う部分もありましたが全体的には平均的なレベルで凄い綺麗と言うわけではないです。ちょっと記憶が曖昧ですがDragon Age_Originsよりちょっと上程度のグラフィックだと思います。

フルローカライズで全て日本語吹き替えとなっており、キャドックとエラーラのやり取りなどはなかなか良い感じになっています。キャドックはスキンヘッドでまさに海外ゲームのキャラと言う感じですがエラーラなんかは日本でも結構受けそうなデザインかなと思います。服装がかなり露出していてセクシーですしw

画像

そして、Huntedの売りの一つである協力プレイ(Co-op)。Co-opはオンライン、オフライン共に可能でオフラインの場合は画面分割に。オンラインのサーバーは残念ながら各国独自で日本は日本鯖のみと分けられているようです。海外ゲームがうあまり売れない日本にとってこれはかなり痛い仕様。ただ、Bethesdaさん側もその事は重々承知でラグなどを考慮しての苦渋の決断だったであろう事をお伝えしておきます。日本では発売延期になったのでもしかしたらも期待しておきます。

オンラインCo-opの仕様ですが恐らくバイオハザード5のような感じになると思います。ステージ攻略の途中からでも参加可能でフレンドとは勿論、オンラインの設定をオープンにすればフレンド以外の人も参加できるようになります。前述したとおり高難易度の戦闘はかなり歯ごたえのあるものになりそうなので高難易度ほどCo-opが楽しくなるんじゃないかと思っています。

画像

ストーリーモード以外にダンジョンクリエーターというモードがあり、これは名前の通りプレイヤーがダンジョンをクリエイトできるシステム。自動生成させてアレンジできるというシステムもあるので一から作るのは面倒という人にも楽しめそうな感じ。ダンジョンクリエーターのデータはストーリーとは別のデータで遊ぶ事になるようです。

画像

1時間ほど遊びましたが、良くも悪くも協力プレイでこそ光る作品だなと思いました。協力しての謎解きも協力プレイならば楽しい要素となりますが、シングルだとパートナーに指示して終わりという作業っぽい感じで人によってはテンポを悪くするだけの要素だと感じるかもしれません。
このゲームを楽しむには一緒に遊べるフレンドか、全く知らない人とでも気軽に遊べる気質が必要かもしれません。
協力プレイできる環境でダークファンタジー好きな方にはオススメと言えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【RAGE】ブロガー先行体験会レポート その2
Huntedのあと休憩をはさみ、続いてRAGEを体験プレイさせて貰いました。RAGEは日本ではまだ公式サイトも出ておらずどういうゲームなのかは勿論タイトルすら知らないという方も結構いるのでは? プレイ開始前に主催者側から「みなさんが日本で初めてプレイする方々です」という言葉をいただきテンションアップ。 ...続きを見る
気ままな人生日記
2011/06/12 04:56
【Hunted: The Demon’s Forge】美女(?)と野獣の冒険
オブリビオンやスカイリムで有名な海外ソフトメーカー、べゼスタ・ソフトワークスの新作「Hunted The Demon's Forege」が3日ほど前に届いたので早速プレイ・・・と思ったら、急用で京都まで行く事になったので昨日ようやく遊べました(^_^;) ...続きを見る
気ままな人生日記
2011/08/30 12:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【Hunted: The Demon’s Forge】ブロガー先行体験会レポート 気ままなゲーム日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる