気ままなゲーム日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【バイナリードメイン】面白いTPSですが・・【レビュー】

<<   作成日時 : 2012/07/26 02:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
バイナリードメインのキャンペーンモードをクリアしました。プレイ時間は8〜9時間ほどでちょっとボリューム的には短い感じかな。CoDなどのようにオンラインが充実しているタイトルでもなさそうですし。まあ、2000円未満で買えたと考えれば充分に満足ですがw
というわけで感想を。ちなみにオンラインは未プレイでやるつもりもないのであくまでキャンペーンの感想となります。
画像画像
画像画像
バイナリードメインの開発が発表された当初は私以外にも不安だった方はいたのではないかと思います。日本の開発、ましてやTPSやFPSなどのシューティングを作った事がない龍が如くチームがTPSの新規タイトルを作るなんて。ところが実際に蓋を開けてみれば売り上げはともかく、ゲーム内容はきちんと遊べるTPSとなっていました。遠くの景色などがぼやけた様なグラフィックやカバー状態からの射撃でオブジェクトが邪魔で少しイラッとさせる場面があったりと海外の有名なタイトルと比べると見劣りしますがそれでも充分に楽しめる出来。敵がロボットで足などを破壊しても這いずりながら迫ってきたり、頭を吹き飛ばせば敵味方の認識が出来なくなり同士討ちを始めるなどこのゲームならではの特徴も光っています。敵を撃った時に破片が飛び散るのも爽快感を増してくれます。
画像画像
難易度はノーマルで進めましたが全体的に易しめ。ゲームオーバーになったのはムービー中のボタン入力や(QTEとはちょっと違います)水上バイクなどのミニゲーム的なステージぐらいでした。普通の戦闘では、自分の体力もかなり多めで救急キットを持っていれば自分で蘇生できるし持っていなくても仲間が蘇生してくれるのでピンチになる事はほとんどありませんでした。そのせいなのかチェックポイントが粗く、水上バイクでゲームオーバーになった時や、道中仲間が死亡してゲームオーバーになった時は思っていた以上に戻されて少し萎えそうになった事も。

自分だけでなく敵も固めですが、突撃しても意外と大丈夫な場面が多く体力がピンチになっても回避しながら後退すれば持ち直せた事が殆どでした。近接戦を仕掛けてくる敵も結構いるのでややアクションよりな部分もあります。なのでシューティングが苦手な方でも遊びやすいタイトルだと思います。ただ、チャージショットが強力で使用回数が限られているとはいえラスボスですら当てたら一定時間動きが止まり攻撃し放題という仕様はどうなのでしょう。
そういう事もありシューティング慣れしている方には物足りないと思います。難易度ハードは分かりませんが。
画像画像
本作の特徴の一つである仲間への作戦指示。まず仲間はかなり優秀で敵をひきつけてくれたり結構敵を倒してくれます。共闘しているという感じが良く出ています。ただ、こっちが撃っている最中に勝手に前に出てきて弾に当たって信頼度低下みたいな事がたびたびありそこは勘弁して欲しかったのですが。
そして作戦指示の方ですが、はっきり言ってただのおまけです。後半は殆ど仲間への指示は出しませんでした。強いていうなら使えたのは敵を無視して進むために「集まれ」ぐらいでしょうか。またマイクを使っての作戦指示も少し試してみましたが精度の設定が面倒で通じない場面もありすぐに辞めました。正直、ボタンで充分です。
画像画像
ストーリーはB級映画という感じで分かりやすいストーリーが好きな方には良いと思います。近未来やロボットという設定は良かった思いますがちょっとあっさりしすぎかなと感じる場面も。また、途中で仲間を二手に分ける場面がありますが選んだ仲間によって変わる展開をもっと大きくして欲しかったかなと。いまいちキャラの魅力が描かれていませんでした。
画像
よく出来ていると思いますがそれでもいくつか不満点があった本作。しかし、最大の欠点はやはり似たようなジャンルが既にたくさん出ているという事でしょうか。売りのマイクボイスでの指示は必要性を感じませんでしたし、作戦指示もおまけ程度。オリジナル要素を出そうとしたんだなと思える仕様の殆どが、必要ないかオマケ程度だったので従来のTPSとあまり変わらない出来になってしまった感じです。勿論、最初に言ったように普通に遊べて結構楽しいですよ。でも数あるシューティングからこれを選ぶ理由があるのかと言われたら・・・。

もし本作が数年早く出せていたら凄いタイトルになったかもしれません。そして、日本のスタジオでここまで出来たのは本来は驚くべきことなのかもしれません。ですが海外のTPSやFPSが普通に遊べる今、そんなの知った事じゃないというのが本音なのですよね。こういうジャンルで出すからには海外タイトルと比べられるのも分かっていたでしょうし、もしそうじゃないのならちょっと甘く考えすぎかと。
とはいえここまで売れずに値崩れするとは思わなかったのでちょっと惜しい事をしたタイトルだと言えるかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【バイナリードメイン】面白いTPSですが・・【レビュー】 気ままなゲーム日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる